コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ニザームル・ムルク Niẓāmu'l-Mulk, Abū `Alī Ḥasan ibn `Alī Ṭūsī

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ニザームル・ムルク
Niẓāmu'l-Mulk, Abū `Alī Ḥasan ibn `Alī Ṭūsī

[生]1018/1019. トゥース
[没]1092.10.14. ネハーバンド近郊
イランの政治家。セルジューク朝に仕え,アルプ・アルスラン (在位 1063~72) およびマリク・シャー (在位 72~92) の宰相をつとめ,ニザームル・ムルク (国家の秩序) の号を得る。イクター制を中心として同朝の支配体制を整備すると同時に,各地にニザーミア学院や天文台を設立 (1075) ,オマル・ハイヤームたちにジャラーリー暦を制定させた。またモスクその他の公共施設を建て,スンニー派イスラム体制の強化をはかり,ファーティマ朝やイスマーイール派の攻勢に対抗。しかし 1092年,イラン西部のネハーバンド付近で,アサッシン派の刺客に殺された。その著『統治の書』 Siyāsat-nāmeはセルジューク・スルタンのための政治の要諦を記したもので,重要な史料であるとともに,ペルシア語散文文学の最高傑作の1つ。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

ニザームル・ムルクの関連キーワードアフマドナガル王国ハイデラバード王国ムスリム五王国マドラサ

今日のキーワード

所信表明演説

政府の長が施政に関する考え方を明らかにするために行う演説。日本の国会では、臨時国会や特別国会の冒頭に内閣総理大臣が衆議院および参議院の本会議場で行い、当面の問題を中心にその国会における内閣の方針を示す...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android