コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ニザームル・ムルク Niẓāmu'l-Mulk, Abū `Alī Ḥasan ibn `Alī Ṭūsī

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ニザームル・ムルク
Niẓāmu'l-Mulk, Abū `Alī Ḥasan ibn `Alī Ṭūsī

[生]1018/1019. トゥース
[没]1092.10.14. ネハーバンド近郊
イランの政治家。セルジューク朝に仕え,アルプ・アルスラン (在位 1063~72) およびマリク・シャー (在位 72~92) の宰相をつとめ,ニザームル・ムルク (国家の秩序) の号を得る。イクター制を中心として同朝の支配体制を整備すると同時に,各地にニザーミア学院や天文台を設立 (1075) ,オマル・ハイヤームたちにジャラーリー暦を制定させた。またモスクその他の公共施設を建て,スンニー派イスラム体制の強化をはかり,ファーティマ朝やイスマーイール派の攻勢に対抗。しかし 1092年,イラン西部のネハーバンド付近で,アサッシン派の刺客に殺された。その著『統治の書』 Siyāsat-nāmeはセルジューク・スルタンのための政治の要諦を記したもので,重要な史料であるとともに,ペルシア語散文文学の最高傑作の1つ。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

ニザームル・ムルクの関連キーワードハイデラバード王国アフマドナガル王国ムスリム五王国マドラサ

今日のキーワード

偽計業務妨害罪

虚偽の風説を流布し,または偽計を用いて人の業務を妨害する罪 (刑法 233) 。流布とは,犯人自身が公然と文書,口頭で伝達するほか,口伝えに噂として流す行為も含む。偽計とは人を欺罔,誘惑し,あるいは人...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android