ニジェール・コンゴ語派(読み)ニジェールコンゴごは

百科事典マイペディアの解説

ニジェール・コンゴ語派【ニジェールコンゴごは】

アフリカ大陸の西端セネガルからナイジェリアなどを経てアフリカ大陸の南端に至るまで,広域に分布する大言語群。マンデ語群(バイ語,ソニンケ語など),西アフリカ(大西洋側)語群(ウォロフ語,フラ語など),グル語群(モシ語,セヌフォ語など),クワ語群(エウェ語ヨルバ語など),ベヌエ・コンゴ語群(バントゥー諸語など),アダマワ・イースタン(アダマワ・東部)語群の6グループに区分される。また,スーダン共和国の中小の言語群であるコルドファン語派とともに,ニジェール・コルドファン語族と呼ばれ,アフリカを代表する一大語族をなす。
→関連項目リンガラ語

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

今日のキーワード

御一人様

「一人」を敬って、また丁寧にいう語。おひとかた。[補説]飲食店などで一人客を指していうことから、近年、「遊園地などグループ利用の多い施設を、一人で利用して楽しむ人」「精神的に自立しており、一人で行動で...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android