コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ニッサンセドリックG30型

1件 の用語解説(ニッサンセドリックG30型の意味・用語解説を検索)

日本の自動車技術240選の解説

ニッサンセドリックG30型

昭和35年にオースチン社との技術提携が終了することを受けて、新中型乗用車を開発し、『ニッサンセドリック』と名づけた。(30型)『セドリック』という名は、イギリスのバーネットの名作「小公子」の主人公にちなんだもので、強く、正しく、美しい少年の代名詞として広く全世界の人々に親しまれており、この若い貴公子のようにすべての人から愛され、親しまれるようにとの意味をこめて命名された。主な特徴は、1)本格的なデュアルランプ(縦4灯式)2)中型乗用車では最大の広さとゆきとどいたアクセサリーの配置3)コーン型のステアリングホィール及び計器盤上面のゴムパッド等のライフガード機構4)サーボブレーキを前後輪とも使用5)ラップラウンドタイプのウインドシールド発売後さらに、後部座席幅を40mm広げて、定員4→5人に改めた。このため、小型タクシーも従来料金で乗車定員を増加させることができ、好評をはくした。さらに官公庁や社用車、ハイヤーなどの営業車としてさらに大型豪華車へのニーズが高まり、昭和35年『ニッサンセドリックカスタム』(G30型)を発売した。主な特徴は、1)新設計1883cc、88psエンジンの搭載2)全長を100mm長くし、国産中最大となる3)リヤシートピロー、後席専用ヒーター、助手席バニティミラー等の装備やがて昭和37年にマイナーチェンジし、ヘッドランプは横4灯となる。保管場所日産自動車(株)座間事業所 (〒228-0012 神奈川県座間市広野台2-5000)
製作(製造)年1961
製作者(社)日産自動車株式会社
資料の種類量産品
現状保存・非公開
車名ニッサン セドリック(1900カスタム)
モデル名G30型
会社名日産自動車(株)
製作開始年1961
車種・用途乗用車
実車所在/模型日産自動車・座間
スタイルセダン
ドア数4ドア
乗員6名
車両重量1,240kg
構造一体式
バンパースチール
ステップなし
全長4,510mm
全幅1,680mm
全高1,510mm
タイヤサイズ゙6.40-14-4P
フレームモノコック
前軸ウィッシュボーン、ボールジョイント式
後軸半浮動式
軸距2,630mm
前トレッドx後トレッド1338×1373mm
車高調整なし
ステアリングウォームローラー式
ダンパー前後筒型複動式
スタビライザー前トーションバー式
走行安定装置なし
原動機名H型
冷却/気筒配列水冷/直4
弁機構OHV
内径x行程85×83mm
排気量1883cc
最高出力/回転数88ps/4800rpm
最大トルク/回転数15.6kgm/3200rpm
過給機なし
可変システムなし
燃料タンク容量44L
ハイブリッドシステム形式なし
変速機4速コラム
駆動方式FR
モード燃費-
参考文献1)『日産自動車30年史』日産自動車、1965年 2)『日本の名車100台』立風書房
その他事項前照灯:4灯(シールドビーム型);ワイパー:ウォッシャーモーター付ポンプ;足ブレーキ:油圧式全4輪制動;手ブレーキ:機械式後二輪制動;最終減速:4.625;最高速度:140km/h;

出典|社団法人自動車技術会
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ニッサンセドリックG30型の関連キーワードエラスチンサランシスチンリーガルクレスチン業務提携ジョンLオースティン斎藤晋一関義長

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone