コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ニッショー ニッショー

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ニッショー

使い捨て医療機器,魔法瓶の中瓶などガラス器材,ストア経営を3本柱とする多角企業。 1948年登記上の設立。 54年日本電気硝子の西日本地区総代理店として京都市に日本硝子商事として設立。販売業の一方でアンプル製造機や魔法瓶中瓶製造機などの自動生産システムの自社開発を進めた。 63年大阪府豊中市に「ニッショーストア」をオープンし,ストア事業に踏出す。 65年製薬会社向けに輸液セットなどの販売を開始,69年注射針の製造販売を開始,さらに 72年には日本プラスチックスペシャリティーズ (現ニプロ) を買収し医療事業の基盤を確立した。 77年現社名に変更。 85年膜分離型血漿採取システム,88年新型人工腎臓および体外診断薬など研究開発の分野でも新境地を開いた。売上構成比は,医療 46%,ストア 37%,器材 10%,医薬品5%,その他2%。年間売上高 1416億 3400万円 (連結。うち輸出 22%) ,資本金 225億 6300万円,従業員数 1950名 (1999) 。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

ニッショーの関連キーワード綿貫正市小橋知子

今日のキーワード

優曇華

《〈梵〉udumbaraの音写「優曇波羅」の略。霊瑞、希有と訳す》1㋐インドの想像上の植物。三千年に一度その花の咲くときは転輪聖王が出現するという。㋑きわめてまれなことのたとえ。2 クサカゲロウ類が産...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

ニッショーの関連情報