コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ニヒル 〈ラテン〉nihil

デジタル大辞泉の解説

ニヒル(〈ラテン〉nihil)

[形動]
虚無的。虚無主義的。ニヒリスティック。「ニヒルな思想」
冷たく醒めていて、暗い影のあるさま。「ニヒルな男」「ニヒル笑い

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

ニヒル【nihil】

( 名 ・形動 )
虚無。また、虚無的なさま。 「 -な考え」 「 -な笑いをうかべる」

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

ニヒルの関連キーワードカン(ドイツのロック・グループ)ファウスト(ロック・バンド)大菩薩峠(中里介山の小説)市川 雷蔵(8代目)ジェームス ウッズニヒリスティック大河内 伝次郎安城家の舞踏会ニヒリズム革命ブルンヒルデ成田 三樹夫ニルバーナ内田 良平戸浦 六宏天保水滸伝柴田錬三郎ドイツ映画ニヒリスト新納鶴千代阪東妻三郎

今日のキーワード

桃李もの言わざれども下自ら蹊を成す

《「史記」李将軍伝賛から》桃やすももは何も言わないが、花や実を慕って人が多く集まるので、その下には自然に道ができる。徳望のある人のもとへは人が自然に集まることのたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

ニヒルの関連情報