コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ニフルヘイム Nif(e)lheim

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ニフルヘイム
Nif(e)lheim

北欧神話で,太古から世界の極北にあるとされる暗黒の氷寒世界。フベルゲルミルの泉が湧き,そこから 12の川が流れ出るが,その川水はすべて途中で氷塊に変じる。ヘルの支配する死者の国もここに位置するという。フベルゲルミルの泉の下には,ニズヘグという毒竜がいて,絶えず世界樹イグドラシルの根をかじり続けているとされる。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

ニフルヘイム
にふるへいむ
Niflheimr

北欧神話に現れる氷と霧の世界。『エッダ』のニフルヘルと同一視される。この世の初めに、天も地も海もなく、ただ奈落(ならく)の口だけがあったとき、その北側にニフルヘイム、南側に灼熱(しゃくねつ)の世界ムスペルスヘイムがあった。ニフルヘイムから流れ出る毒の川エーリバーガルは凍って霜となり、これに灼熱の世界からきた熱風がぶつかって滴となり、これから巨人の祖イミルが生まれた。ニフルヘイムは重い氷と霜で覆われ、中には靄(もや)が立ちこめ、突風が吹いている。また世界のいちばん下の国で女神ヘルが住み、死者たちが死後に行く所とされた。主神オーディンはわが子バルドルの運命を巫女(みこ)から知るため、自らそこに赴いたという。[谷口幸男]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

ニフルヘイムの関連キーワードムスペルヘイムミドガルド北欧神話ノルンイミル

今日のキーワード

桃李もの言わざれども下自ら蹊を成す

《「史記」李将軍伝賛から》桃やすももは何も言わないが、花や実を慕って人が多く集まるので、その下には自然に道ができる。徳望のある人のもとへは人が自然に集まることのたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android