コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

イグドラシル イグドラシル Yggdrasill

4件 の用語解説(イグドラシルの意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

イグドラシル
イグドラシル
Yggdrasill

北欧神話に出てくる世界樹。巨大なとねりこの木で,神々の世界アスガルズを載せ全宇宙を貫いてそびえている。全世界の運命がこの木にかかっているという。3本の太い根をもち,1本は神界に,1本は巨人の国ヨツンヘイムに,もう1本は死人の国ニフルヘイムに伸びている。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

百科事典マイペディアの解説

イグドラシル

北欧神話の宇宙樹。ユッグドラシルとも。枝は天空をささえ,根は冥府にのびる。オーディンはこの木に逆づりになってルーン文字を発明したという。神々と魔軍の決戦の日,炎の神スルトの投げた火でこの木は燃えて倒れ,全世界は海中に没することになる。
→関連項目アースガルズノルンバルハラミーミル

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

世界大百科事典 第2版の解説

イグドラシル【Yggdrasill】

北欧神話にあらわれるトネリコの宇宙樹。ユッグドラシルともいう。あらゆる樹のうちいちばん大きくみごとなもので,全世界の上に枝をひろげ,三つの根は冥府ヘル,霜の巨人と人間の世界にとどく。その根を蛇と竜がかみ,若枝を4頭の牡鹿がむしり,枝にワシがとまり,そのことばをリスが根の竜に伝える。樹のそばに泉があり,神々は毎日樹の近くにつどい協議し判決を下す。世界の終末にはこの樹は巨人スルトの火によって焼かれることになる。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

イグドラシル
いぐどらしる
Yggdrasill

北欧神話に現れるトネリコの大樹。あらゆる樹(き)のうちでもっとも大きく、ウルドの泉の上にそびえて全世界の上に枝を広げる。神々は毎日このイグドラシルのもとで協議し、裁きの判決を下す。これを支える巨大な三つの根は冥府(めいふ)のヘル、霜の巨人の国、人間界へと届き、そのそばにはそれぞれ泉が一つずつある。またその根を蛇と竜が、また若い枝を4頭の牡鹿(おすじか)が絶えず食い荒らしており、枝には物知りの鷲(わし)が止まっている。そのことばはリスにより根の竜に伝えられる。世界の終末にはこの樹は震え、巨人スルトの火で焼かれる。イグドラシルは、北欧の詩人たちがさまざまなイメージからつくりあげたものと思われ、このような宇宙樹の観念はオリエントや中世のヨーロッパ大陸にもみられる。[谷口幸男]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典内のイグドラシルの言及

【北欧神話】より


[神々の世界]
 世界の真中にあるアースガルズÁsgarðrにアース神たちは住む。そこにはイグドラシルYggdrasillと呼ばれるトネリコの大樹(世界樹)がそびえている。その枝は全世界の上にひろがり天に達する。…

【木】より

… このような宇宙軸の観念は前3000年から前4000年ころにすでにあり,樹木にかぎらず,柱,棒,塔,山はみなこのシンボリズムを共有する。その代表的なものはスカンジナビアに伝わる〈エッダ〉の中にうたわれたイグドラシルと呼ばれるトネリコの木である。これは天,地,地下という三つの宇宙領域の中心に立ち,運命の3女神がこの木に運命の泉ウルドの水を与える。…

【シカ(鹿)】より

…角はとくに治癒力をもつとされ,御守にしたり,削って薬にした。北欧神話では宇宙樹イグドラシルから葉や若芽をむしって食べる牡鹿のことが出てくる。北欧独特の動物組紐文様の中に鹿は竜や馬などとともによく現れる。…

【生命の樹】より

…イスラムにおいても,楽園の中央にある樹木シドラは,こうした観念の所産と考えられる。さらに北欧神話に登場するイグドラシルは,ウルズの泉の上にそびえる常緑のトネリコであるが,すべての生命の源泉であり,世界の秩序と運命を支配する木であるという点で,〈生命の樹〉とみなされる。この木の梢には1羽のワシが座を構え,ニーズホッグという竜がその根をかみ,4頭のシカがその枝の若芽を食い,1匹のリスが木を上ったり下りたりしてワシの語ることを根元の竜に伝えているという。…

【トネリコ】より

…【浜谷 稔夫】
[神話,民俗]
 トネリコは北欧神話の中で重要な役割を果たしている。あらゆる木のうちで最も大きく,全世界の上に枝をひろげる宇宙樹イグドラシルはトネリコである。主神オーディンはこの木に9夜の間,槍に傷つき,つり下がり,わが身を犠牲に捧げることで,ルーン文字を学んだという。…

【北欧神話】より


[神々の世界]
 世界の真中にあるアースガルズÁsgarðrにアース神たちは住む。そこにはイグドラシルYggdrasillと呼ばれるトネリコの大樹(世界樹)がそびえている。その枝は全世界の上にひろがり天に達する。…

※「イグドラシル」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

イグドラシルの関連キーワード宇宙酔いニレ(楡)ユガ小葉の梣現れスコルナルビ舎人公園ウル(北欧神話)チュール(北欧神話)

今日のキーワード

パラチオン、パラチオンメチル

パラチオンは無色で油状の液体、パラチオンメチルはコハク色の液体。ともに毒性が強く、有機リン系殺虫剤として使用された。50年代以降、稲の害虫被害を防ぐことが確認され、広く導入された。しかし、農民の中毒死...

続きを読む

コトバンク for iPhone

イグドラシルの関連情報