コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ニューレイヤード

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ニューレイヤード

常識,習慣にとらわれない服の組み合わせによる重ね着。たとえば,ジャケットの上にジャケットを着たり,シフォンジョーゼットなど透けた生地の服を重ねたり,ワンピースの上にオーバースカートを着用するなどの,個性を楽しむコーディネーションをいう。 1970年代にレイヤード・ルック (服を何枚も重ねて着るスタイル) とともに流行した。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

知恵蔵の解説

ニューレイヤード

レイヤードは「重ねる」の意味で、新しいタイプの重ね着スタイル。1970年代のように単純な重ね着ではなく、丈や質感の違う服を何枚も重ねているが、全体的には軽やかで洗練されて見える。薄いジャージーやニットを中心にベージュやグレーなどの同系色でまとめるのがポイント。ストールネックウオーマースパッツなど小物も重要アイテム。ここ数年、シンプルな服を1枚で着るスタイルが流行していたことへの反動と見られる。

(上間常正 朝日新聞記者 / 2007年)

出典|(株)朝日新聞出版発行「知恵蔵」知恵蔵について | 情報

今日のキーワード

分水嶺

1 分水界になっている山稜(さんりょう)。分水山脈。2 《1が、雨水が異なる水系に分かれる場所であることから》物事の方向性が決まる分かれ目のたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android