コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ニレンダ Tomo Nyirenda

世界大百科事典 第2版の解説

ニレンダ【Tomo Nyirenda】

1890年代‐1926
アフリカの宗教運動指導者。ニヤサランド(現,マラウィ)に生まれ,1920年代に北ローデシア(現,ザンビア)へ移り,鉱山労働者として働くうちにウォッチタワー運動と出会い,洗礼を受けて伝道生活に入ったが,25年初めころにはキタワラ運動の創始者となった。キタワラ運動は,ベルギー領コンゴ(現,コンゴ民主共和国)でのキンバンギズム運動(キンバング)と同様に千年王国思想を有し,白人の権威を否定するとともに,きたるべき最後の審判によって黒人は白人支配(したがって植民地主義の支配)の政治的・経済的苦境を脱することができるという教えを説き広め,多数の信者を集めた。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

ニレンダの関連キーワード清水宏五所平之助島津保次郎斎藤寅次郎溝口健二[各個指定]工芸技術部門衣笠貞之助田坂具隆プドフキン山本嘉次郎

今日のキーワード

分水嶺

1 分水界になっている山稜(さんりょう)。分水山脈。2 《1が、雨水が異なる水系に分かれる場所であることから》物事の方向性が決まる分かれ目のたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android