ニームの闘技場(読み)ニームのとうぎじょう

世界の観光地名がわかる事典の解説

ニームのとうぎじょう【ニームの闘技場】

フランス南部の都市ニーム(Nîmes)にある古代ローマ時代の遺構の一つ。鉄道のニーム駅から徒歩約10分の場所にある。ニームはローマ帝国統治時代、コローニアネマウサ(Colonia Nemausa)と呼ばれた都市で、古代ローマ時代の橋・神殿・円形劇場などのローマ時代の遺構が残っている。この円形闘技場もその一つである。現在70以上見つかっているローマの闘技場の中でも最も保存がよい。2層で60のアーチがある、長さ33m、幅101m、長さ21mの楕円形の闘技場で、2万人の観客を収容できた。現在でもコンサートやイベントの会場として使われている。

出典 講談社世界の観光地名がわかる事典について 情報

今日のキーワード

ゲーム障害

オンラインゲームなどへの過度な依存により日常生活に支障をきたす疾病。インターネットやスマートフォンの普及でオンラインゲームなどに過度に依存する問題が世界各地で指摘されていることを受け、世界保健機関(W...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android