コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ヌクレオヒストン ヌクレオヒストンnucleohistone

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ヌクレオヒストン
nucleohistone

DNAと塩基性蛋白質であるヒストンとの結合体で,真核細胞の核中に含まれ,染色体の主成分である。ヒストンは DNA形質発現を制御していると考えられる。動物の胸腺,肝臓,魚の白子 (精巣) ,有核赤血球などが抽出材料となる。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

世界大百科事典内のヌクレオヒストンの言及

【核タンパク質】より

…細胞内にあって,遺伝物質であるDNA(デオキシリボ核酸)やその転写産物であるRNA(リボ核酸)が特異的タンパク質と結合して形成する複合体をいい,遺伝情報の発現調節との関連で,重要なタンパク質が含まれる。精子中のヌクレオプロタミンnucleoprotamine,染色体のヌクレオヒストンnucleohistoneはそれぞれ塩基性タンパク質であるプロタミンおよびヒストンとDNAとの複合体の例である。RNAとの複合体の代表例は,タンパク質合成をするリボソームである。…

※「ヌクレオヒストン」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

ヌクレオヒストンの関連キーワードDNA鑑定遺伝子工学DNA遺伝子PCR遺伝的組換え親子鑑定バイオチップDNAチップ足利事件