ネウケン(英語表記)Neuquén

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典「ネウケン」の解説

ネウケン
Neuquén

アルゼンチン中部西寄り,ネウケン州州都。アンデス山脈東斜面に発する多数の川を集めたネウケン川とリマイ川が合流してネグロ川となる地点に位置する河港都市。 1904年建設。周辺の灌漑農業地帯に産する果実ワインアルファルファなどを集散する。市の北部西部に 1918年石油が発見され,天然ガスとともに開発が進んでいる。大西洋岸のバイアブランカの西約 500kmにあたり,鉄道,道路で結ばれる。国立コマウエ大学所在地。人口9万 89 (1980) 。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

デジタル大辞泉「ネウケン」の解説

ネウケン(Neuquén)

アルゼンチン中西部、ネウケン州の都市。同州の州都。ネウケン川とリマイ川が合流してネグロ川となる地点に位置し、河港をもつ。20世紀初頭に建設。周辺は灌漑かんがい農業が盛んで、果物を栽培する。石油・天然ガスも産する。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

今日のキーワード

幸福追求権

日本国憲法 13条に保障する「生命,自由及び幸福追求に対する国民の権利」を一体的にとらえて観念された場合の権利。アメリカの独立宣言中の,「〈天賦不可侵の権利〉のなかに生命,自由および幸福の追求が含まれ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android