コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ネウケン Neuquén

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ネウケン
Neuquén

アルゼンチン中部西寄り,ネウケン州の州都。アンデス山脈東斜面に発する多数の川を集めたネウケン川とリマイ川が合流してネグロ川となる地点に位置する河港都市。 1904年建設。周辺の灌漑農業地帯に産する果実,ワイン,アルファルファなどを集散する。市の北部と西部に 1918年石油が発見され,天然ガスとともに開発が進んでいる。大西洋岸のバイアブランカの西約 500kmにあたり,鉄道,道路で結ばれる。国立コマウエ大学所在地。人口9万 89 (1980) 。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

ネウケンの関連キーワードネグロ川(南アメリカ南部の川)ネグロ[川](アルゼンチン)サンカルロスデバリロチェナウエルワピ国立公園ナウエルワピ湖パタゴニアコロラド川

今日のキーワード

だまし面接

企業が面談や懇談会と称して就職活動中の学生を呼び出し、実質的には学生を選考する偽装面接のこと。2016年卒業の大学生に対する選考活動の開始時期を、従来の4月1日から8月1日以降へと後ろ倒しする主旨の「...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android