コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ネクベト Nekhbet

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ネクベト
Nekhbet

古代エジプトの女神。ムート女神と同様,はげたかの形またはこの鳥を頭にかぶった姿に表わされ,しばしばムートと混同されたが,上エジプトの王冠をかぶった女王として表わされることもある。上エジプトの守護女神として歴代のファラオに厚く尊崇された。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

世界大百科事典 第2版の解説

ネクベト【Nekhbet】

上エジプト第3ノモスの主都ネケブNekheb(現在名エル・カブ)のハゲタカの姿をした女神。エジプトの王の第2の称号〈ネブティ名〉はバスケットに乗ったハゲタカととぐろを巻いたコブラで表されるが,これは上エジプトの神ネクベトと下エジプトの神ウアジェトを示すものであった。王冠にも,しばしばハゲタカとコブラがその前面に付けられた。エジプトの王権が2人の女神の守護のもとにあったということは,女系家族制のなごりというべきかも知れない。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

ネクベトの関連キーワードエルカブブト

今日のキーワード

存亡の機

引き続き存在するかここで滅びてしまうかという非常に重大な時。存亡の秋(とき)。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android