コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ネグる ネグる

2件 の用語解説(ネグるの意味・用語解説を検索)

大辞林 第三版の解説

ネグる

( 動五 )
〔「ネグレクト」を省略した「ネグ」の動詞化。学生の用いた語から〕
無視する。おろそかにする。 「レポート提出を-・る」
[可能] ネグれる

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

とっさの日本語便利帳の解説

ネグる

無視すること。英語のneglectが語源。「無視する」「シカトする」にはいささか意地悪ニュアンスがあるが、この言い方には、大事を重んじて小事に煩わされないという意図的、戦略的な無視、の雰囲気がある。〈活用例〉その件については、当分ネグっておこう。他に重要なことがあるのだから

出典|(株)朝日新聞出版発行「とっさの日本語便利帳」
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ネグるの関連キーワードしかと尻目遣い大逆無道度外視ネグレクト抹殺無視ラブゲームシーフ組織

今日のキーワード

カルテット

四重唱および四重奏。重唱,重奏の形態のなかで最も基本的なもので,声楽ではルネサンスの多声歌曲の形式であるシャンソンやフロットラから始り長い歴史をもつ。器楽も同様で,特に弦楽四重奏は室内楽の全レパートリ...

続きを読む

コトバンク for iPhone