コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ネズミギス Gonorynchus abbreviatus

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ネズミギス
Gonorynchus abbreviatus

ネズミギス目ネズミギス科の海水魚。全長 30cm内外。体は延長し,円筒状。は長く,先端がとがり,吻の下面に 1本のひげがある。口は下位,歯はない。体は淡褐色で腹側は白く,胸鰭および腹鰭の全体と背鰭,尻鰭の先端は黒色である。水深 50~100mの砂泥底にすむ。本州中部以南の太平洋側および日本海南部,東シナ海南シナ海,ハワイに分布する。肉は練製品の原料となる。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

ネズミギス
ねずみぎす / 鼠鱚
beaked salmon
[学]Gonorynchus abbreviatus

硬骨魚綱ネズミギス目ネズミギス科に属する海水魚。本州中部地方以南の太平洋と日本海、東シナ海、南シナ海に分布し、水深50~200メートルに生息する。体は円筒形に近く、吻(ふん)がやや長く、とがり、その下面に1本のひげがある。口は小さくて頭部の腹面に開き、歯を欠く。鱗(うろこ)は小さくて粗雑。背びれと臀(しり)びれが尾びれ近くにあること、腹びれは背びれ直下にあること、胸びれと腹びれの基部直上にそれぞれ1枚の小皮弁があることが著しい特徴である。背びれ、腹びれ、尾びれの各先端部と胸びれは黒い。体長は30センチメートル余りになる。産卵期は東シナ海では7~10月。底引網でときどき漁獲されるが、食用上の価値はない。コイ目やナマズ目を含む骨鰾(こっぴょう)類の特徴であるウェーバー器官に似た構造物があり、骨鰾類の前駆的魚類として系統分類上注目される。[落合 明・尼岡邦夫]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

ネズミギスの関連キーワードサバヒー(虱目魚)虱目魚・蝨目魚サバヒー前骨鰾類背びれ骨鰾類鼠鱚

今日のキーワード

だまし面接

企業が面談や懇談会と称して就職活動中の学生を呼び出し、実質的には学生を選考する偽装面接のこと。2016年卒業の大学生に対する選考活動の開始時期を、従来の4月1日から8月1日以降へと後ろ倒しする主旨の「...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android