コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ネットストーカー ねっとすとーかー

3件 の用語解説(ネットストーカーの意味・用語解説を検索)

ASCII.jpデジタル用語辞典の解説

ネットストーカー

ネットワーク上で特定の人物を付け狙うユーザーBBSに狙った相手の個人情報を流したり、スパムメールを送り付けたりするなどの行為を繰り返す。

出典|ASCII.jpデジタル用語辞典
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉の解説

ネット‐ストーカー(net stalker)

ストーカーの一種。電子メールBBS電子掲示板)など、主にインターネットを利用して一方的に関心を抱いた相手にしつこくつきまとう人物。サイバーストーカー

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

ネットストーカー
ねっとすとーかー

インターネットを通じて特定人物に執拗(しつよう)につきまとうストーカー。サイバーストーカーともいう。匿名掲示板に誹謗(ひぼう)中傷の書き込みをし続ける行為、特定人物のメールIDにログインしてその送受信状況を閲読する行為、ソーシャル・ネットワーキング・サービス(SNS)のプロフィールなどにより住所や電話番号などを特定して掲示板にさらけ出す行為などがある。ストーカー規制法による処罰の対象であるが、複数回メールを送ってきただけの場合には切迫した危険とはみなされずに立件されないことも多い。2012年(平成24)には神奈川県逗子(ずし)市でストーカーが、ネットの質問サイトなどで女性の住所を探し当て殺人におよぶ事件が発生している。刑法における名誉毀損(きそん)罪、侮辱罪などに該当するケースも多いが、ストーカー側はネットカフェから海外のプロバイダーを通じて書き込みを行うなど、本人が特定されないように手段を講じるため、犯人の特定が難しい。[編集部]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ネットストーカーの関連キーワード電子メールアカウント電子メールアドレス電子メールソフトメールサーバーメールボックス架空電子メールアドレス特定電子メールリストブローカーアーカンサス・ストーンディール・メーカー

今日のキーワード

大寒

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の 12月中 (12月後半) のことで,太陽の黄経が 300°に達した日 (太陽暦の1月 20日か 21日) から立春 (2月4日か5日) の前日までの約 15日間で...

続きを読む

コトバンク for iPhone

ネットストーカーの関連情報