コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ノウゼンハレン科 ノウゼンハレンかTropaeolaceae

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ノウゼンハレン科
ノウゼンハレンか
Tropaeolaceae

双子葉植物フウロソウ目の1科。新大陸に固有の科で,メキシコ以南チリまでの熱帯から温帯に2属 100種弱が知られる。つる性の多年草で全体に軟質多肉。根茎はイモ状に肥厚する。葉は通常互生し,長い葉柄があって,しばしばこの葉柄で他物にからむ。葉身は特徴のある扁円形で,葉柄に楯状につき,質感もサトイモの葉を思わせる。花は5弁で美しいものが多く,やや左右相称形で,が変形した長いをもつ。おしべは8本。子房は3室で,熟すと3方にふくれた独特の果実となる。観賞用に栽培されるノウゼンハレン (キンレンカ) のほか,ペルーの高地では根を食用にするため古くから栽培された種類もある。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

ノウゼンハレン科の関連キーワードキンレンカ(金蓮花)ナスターチウムモンシロチョウ凌霄葉蓮凌霄葉蘭金蓮花

今日のキーワード

シンデレラ体重

女性の理想的な体重の指標の一つで、BMIなどと同様、計算式にあてはめて割り出す。もともとは大手エステサロンが女性の理想的な体重として20年以上前に考案した指標で、当時の計算式は「身長(メートル)×身長...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android