ノビネチドリ(読み)のびねちどり

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

ノビネチドリ
のびねちどり / 延根千鳥
[学]Gymnadenia camtschatica Miyabe

ラン科の多年草。塊根は紐(ひも)状、あまり肥厚しない。茎は高さ20~60センチメートル。葉は茎の下部に数枚つき、楕円(だえん)形で長さ約10センチメートル、縁(へり)は波打つ。5~6月、径約5ミリメートルの淡紅紫色花を多数密生する。唇弁は倒卵形で先端はごく浅く3裂し、長さ約2ミリメートルの短い距(きょ)がある。テガタチドリに似ているが、ノビネチドリは距が短く、葉がより幅広く、塊根が掌状に分裂しないので区別される。林縁に生え、中部地方以北の本州、北海道からカムチャツカの冷温帯~亜寒帯に分布する。[井上 健]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

世界大百科事典内のノビネチドリの言及

【テガタチドリ】より

… テガタチドリ属Gymnadeniaは,裸出した粘着体,左右に分裂した柱頭,先端の伸長する塊根で特徴づけられ,旧大陸の寒冷地に数種ある。日本にはほかに距が短く葉に特徴のあるノビネチドリG.camtschatica (Cham.) Miyabe et Kudoがある。【井上 健】。…

※「ノビネチドリ」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

ダブルベーグル

テニス競技において、一方の選手がゲームカウント6-0で2セット連勝することの通称。真ん中に穴が空いたパンの一種であるベーグルの形が数字の「0」に似ていることが語源となっている。1セットの場合は単に「ベ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android