コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ノビリ Nobili, Roberto de

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ノビリ
Nobili, Roberto de

[生]1577.9.
[没]1656.1.16.
イタリアのイエズス会宣教師。南インドにおもむき,インドの生活に溶け込んで布教し,クリスチャン・サドゥーと呼ばれた。サンスクリット語を読み,インド古典に親しんだといわれる。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

ノビリ
のびり
Leopoldo Nobili
(1784―1835)

イタリアの物理学者。電気化学および熱電気の研究で知られる。大学卒業後、砲兵隊将校として半生を送ったのち、フィレンツェ博物館の物理学教授となる。アンペールの影響下に、電流の本性についての論文を、1827~1828年に発表した。電池による電流についても化学反応熱によって生じるとし、電流と熱(カロリック)の流れを結び付けた。また電気分解についても静電気による説明を排し、電流の遠隔作用力によって説明する独自の立場を示した。1832年にはメローニMacedonio Melloni(1798―1854)と共同で38対の熱電対による放射熱測定装置(熱倍率器)を製作し、精確な温度変化の測定により、放射熱に関する研究に大きな貢献をした。[高田紀代志]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

ノビリの関連キーワードビートたけしPresents 奇跡体験!アンビリバボーブロークン・ヒル・プロプライエタリー[会社]ウロポルフィリノーゲンIII合成酵素欠損ヒドロキシメチルビランシンターゼナミュール・ノートルダム修道女会アミノレブリン酸デヒドラターゼヒドロキシメチルビラン合成酵素インターフェース・デザインアナ カルダー・マーシャルユーザーエクスペリエンス紅柱石(データノート)プレイダー計量トレーサビリティーオメロ アリディヒスエキスパートレビュープラダー生産履歴管理システム校正事業者登録制度ジャック ナッサートレーサビリティー

今日のキーワード

分水嶺

1 分水界になっている山稜(さんりょう)。分水山脈。2 《1が、雨水が異なる水系に分かれる場所であることから》物事の方向性が決まる分かれ目のたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android