コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ノボペトロフカ遺跡 ノボペトロフカいせきNovopetrovka

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ノボペトロフカ遺跡
ノボペトロフカいせき
Novopetrovka

ロシア,アムール川中流部,ブラゴベシチェンスク付近にある新石器時代住居址。住居は竪穴に丸太を立て,土砂でおおわれた屋根をもつ半地下式で,遺跡は約 150戸から構成されていた。住居内からはフリント製の石刃鏃石刃スクレーパー石核などが多数発見され,土器は少なかった。石製のおもりなどから,住民の生活で漁労が大きな役割を果したことが知られる。また狩猟も重要であった。北海道の石刃鏃との関連が注目される。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android