コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ノートル・ダム・ラ・グランド聖堂[ポアティエ] ノートル・ダム・ラ・グランドせいどうポアティエNotre-Dame-la-Grande, Poitiers

1件 の用語解説(ノートル・ダム・ラ・グランド聖堂[ポアティエ]の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ノートル・ダム・ラ・グランド聖堂[ポアティエ]
ノートル・ダム・ラ・グランドせいどうポアティエ
Notre-Dame-la-Grande, Poitiers

フランス西部のポアティエにあるロマネスク建築の聖堂。 11世紀末から 12世紀前半にかけて建立された。ファサード全体が大小のアーチで構成され,多くの彫刻が施されている。内部は身廊と側廊が同じ高さのホール式聖堂となっており,リブ・ボールト (肋骨穹窿) も全体としてドーム状をなしていて,ロマネスク建築としては末期のものながら,その特徴をよく残している。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

今日のキーワード

エンゲルの法則

家計の総消費支出に占める飲食費の割合 (エンゲル係数 Engel coefficientと呼ぶ) は,所得水準が高く,したがって総消費支出が大きいほど低下するというもの。エンゲル係数は国民の消費生活面...

続きを読む

コトバンク for iPhone