コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ノーベル経済学賞 のーべるけいざいがくしょうThe Sveriges Riksbank Prize in Economic Sciences in Memory of Alfred Nobel

3件 の用語解説(ノーベル経済学賞の意味・用語解説を検索)

知恵蔵の解説

ノーベル経済学賞

正式には「アルフレッドノーベル記念経済学スウェーデン銀行賞」。1968年にスウェーデン銀行が創立300周年を記念してノーベル財団に寄託した基金で創設され、翌69年に第1回の受賞者が選定された。1901年に授与が始まったノーベル賞の他の5部門(物理学賞、化学賞、医学生理学賞、文学賞、平和賞)が、ノーベルの遺言に基づいて創設されたのとは経緯が異なり、厳密にはノーベル賞ではない。しかし、選考は物理学賞や化学賞と同じスウェーデン王立科学アカデミーが行い、授賞式などの諸行事も他の部門と同列に扱われており、一般的に「ノーベル経済学賞」と呼ばれている。1回に受賞できるのは、他部門と同様に3人までとなっている。経済学賞の受賞者は、欧米出身者が大半を占め、また女性受賞者は2009年に初めて誕生するまでいなかった。09年現在、日本人の受賞者はいない。理論の発展や経済分析の手法の開発などに貢献した主流派経済学者への授賞が多く、異端派や経験主義的手法が過小評価されているなど、授賞対象に偏りが見られることが指摘されており、選考基準に対する批判も多い。

(原田英美  ライター / 2009年)

出典|(株)朝日新聞出版発行「知恵蔵」
知恵蔵について | 情報

朝日新聞掲載「キーワード」の解説

ノーベル経済学賞

ノーベル賞創設につながったアルフレッド・ノーベル氏の遺言にはなかったが、スウェーデン銀行が創立300周年を記念し、ノーベル財団に寄付したことから69年に授与が始まった。授賞式はノーベルの命日の12月10日、ストックホルムで。賞金は1千万スウェーデンクローナ(約1億4千万円)。

(2008-10-15 朝日新聞 朝刊 政策総合)

出典|朝日新聞掲載「キーワード」
朝日新聞掲載「キーワード」について | 情報

デジタル大辞泉の解説

ノーベル‐けいざいがくしょう〔‐ケイザイガクシヤウ〕【ノーベル経済学賞】

毎年1回、経済分野において功績のあった人に贈られる賞。スウェーデン国立銀行が設立した賞で、ノーベル基金から賞金が出ているものではないが、一般にノーベル賞として扱われる。第1回は1969年で、受賞者はR=フリッシュJ=ティンバーゲン。→ノーベル賞

出典|小学館
デジタル大辞泉について | 情報 凡例

今日のキーワード

百条委員会

地方自治体が議決により設置する特別委員会の一つ。名称は「地方自治法第100条」に基づく。百条委員会は、地方公共団体の事務に関する調査を行い、関係者への聞き取りや記録の提出を請求、拒否した者には罰則が科...

続きを読む

コトバンク for iPhone

ノーベル経済学賞の関連情報