コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ハインリヒ・フォン・オフターディンゲン Heinrich von Ofterdingen

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ハインリヒ・フォン・オフターディンゲン
Heinrich von Ofterdingen

ドイツの詩人ノバーリスの未完の小説。 1802年刊。『青い花』の訳名で知られる。時は中世,ある夜夢に見た青い花の中の少女を求めて旅に出た主人公ハインリヒが,いろいろな体験を経て詩人として成長する過程を描く (第1部「期待」) 。詩と愛と信仰とによる現実からの解放がこの作品の主題であり,ここで詩人のあり方が高らかに宣言される。第2部「成就」ではその詩人の活躍と栄光が描かれるはずであったが,第1章のなかばで中断されたままに終った。ゲーテの『ウィルヘルム・マイスター』に対抗して書かれたこの作品はノバーリスの最高傑作であるばかりでなく,ドイツ・ロマン主義代表作であり,彼のいう「魔術的観念論」の結晶といえる。ロマン的憧憬の象徴として現れる「青い花」の名はドイツ・ロマン主義の異称として,以後広く浸透した。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

世界大百科事典内のハインリヒ・フォン・オフターディンゲンの言及

【オフターディンゲン】より

…むしろ本作品の最初の作者と考える方が自然であり,少なくとも中世では実在詩人として言及されてきた。作中に虚構された〈歌合戦〉がチューリンゲンの年代記,聖エリーザベト伝等のなかで語りつがれたため,歌合戦伝説の主人公として人口に膾炙し,とくに19世紀初頭ノバーリスの《ハインリヒ・フォン・オフターディンゲン》(邦訳,青い花)によって理想的詩人像が創造されて以来,ホフマンをはじめロマン派の作家たちは好んでこの詩人伝説を題材にとりあげ,それに刺激されて文学史家もこの詩人の素姓について種々の憶説をたてたが,いまだに定説がない。ドイツ文学史およびその研究史の中で特異の位置を占める人物である。…

【ワルトブルクの歌合戦】より

…R.ワーグナーの楽劇《タンホイザー》によって一般に知られるが,伝説の原型は,ウォルフラムを崇拝する亜流詩人たちによって13世紀中ごろないし後半に作られたと推定される中世ドイツ語の論争詩に由来する。チューリンゲン方伯ヘルマンHermann von Thüringenをたたえる詩人たち(ウォルフラム,ワルター・フォン・デル・フォーゲルワイデ,ラインマルReinmar von Zweter,ビテロルフBiterolf,書記)を相手に,ハインリヒ・フォン・オフターディンゲンがひとりオーストリア公レオポルトを称賛して敗れる前編を〈君主賛美〉,クリングゾルKlingsorのかける宗教上のなぞをウォルフラムが次々と解いて勝利を収める後編を〈なぞかけ〉,両者を合わせて〈ワルトブルクの歌合戦〉と呼ぶが,これは19世紀以降に研究の便宜上つけられた表題である。本作品のテキスト批判,解釈には未解決の問題が多く,その成立の事情は,オフターディンゲンの素姓と同様なぞに包まれている。…

※「ハインリヒ・フォン・オフターディンゲン」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

ハインリヒ・フォン・オフターディンゲンの関連キーワードワルトブルクの歌合戦オフターディンゲン

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android