コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ハインリヒ・フォン・オフターディンゲン ハインリヒ・フォン・オフターディンゲンHeinrich von Ofterdingen

1件 の用語解説(ハインリヒ・フォン・オフターディンゲンの意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ハインリヒ・フォン・オフターディンゲン
ハインリヒ・フォン・オフターディンゲン
Heinrich von Ofterdingen

ドイツの詩人ノバーリスの未完の小説。 1802年刊。『青い花』の訳名で知られる。時は中世,ある夜夢に見た青い花の中の少女を求めて旅に出た主人公ハインリヒが,いろいろな体験を経て詩人として成長する過程を描く (第1部「期待」) 。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

世界大百科事典内のハインリヒ・フォン・オフターディンゲンの言及

【オフターディンゲン】より

…むしろ本作品の最初の作者と考える方が自然であり,少なくとも中世では実在詩人として言及されてきた。作中に虚構された〈歌合戦〉がチューリンゲンの年代記,聖エリーザベト伝等のなかで語りつがれたため,歌合戦伝説の主人公として人口に膾炙し,とくに19世紀初頭ノバーリスの《ハインリヒ・フォン・オフターディンゲン》(邦訳,青い花)によって理想的詩人像が創造されて以来,ホフマンをはじめロマン派の作家たちは好んでこの詩人伝説を題材にとりあげ,それに刺激されて文学史家もこの詩人の素姓について種々の憶説をたてたが,いまだに定説がない。ドイツ文学史およびその研究史の中で特異の位置を占める人物である。…

【ワルトブルクの歌合戦】より

…R.ワーグナーの楽劇《タンホイザー》によって一般に知られるが,伝説の原型は,ウォルフラムを崇拝する亜流詩人たちによって13世紀中ごろないし後半に作られたと推定される中世ドイツ語の論争詩に由来する。チューリンゲン方伯ヘルマンHermann von Thüringenをたたえる詩人たち(ウォルフラム,ワルター・フォン・デル・フォーゲルワイデ,ラインマルReinmar von Zweter,ビテロルフBiterolf,書記)を相手に,ハインリヒ・フォン・オフターディンゲンがひとりオーストリア公レオポルトを称賛して敗れる前編を〈君主賛美〉,クリングゾルKlingsorのかける宗教上のなぞをウォルフラムが次々と解いて勝利を収める後編を〈なぞかけ〉,両者を合わせて〈ワルトブルクの歌合戦〉と呼ぶが,これは19世紀以降に研究の便宜上つけられた表題である。本作品のテキスト批判,解釈には未解決の問題が多く,その成立の事情は,オフターディンゲンの素姓と同様なぞに包まれている。…

※「ハインリヒ・フォン・オフターディンゲン」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

稀勢の里寛

1986- 平成時代の力士。昭和61年7月3日生まれ。中学卒で鳴戸部屋に入門し,平成14年3月初土俵。16年5月新十両,同年11月には18歳4ヵ月で新入幕をはたす。18年7月新三役小結,21年3月新関...

続きを読む

コトバンク for iPhone