ハガレセンチュウ(葉枯線虫)(読み)ハガレセンチュウ(英語表記)chrysanthemum foliar nematode

世界大百科事典 第2版の解説

ハガレセンチュウ【ハガレセンチュウ(葉枯線虫) chrysanthemum foliar nematode】

アフェレンコイデス科のセンチュウ。キクなどの葉を枯らすセンチュウで,英名はこれによる。体長0.7~1.2mm,雌雄同形で細長く,水中で活発に泳ぐ。枯葉の中で3年以上生存し,低温にも強い。秋から冬に寄生を受けた地際部の芽は春先の萌芽が悪い。センチュウの感染は下葉から始まり,気孔から侵入したセンチュウは柔組織を破壊するが皮層組織は破壊せず,葉脈で行動をさえぎられるために,やや水ぶくれ状の褐変が葉脈に区切られた形で進行する。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

今日のキーワード

余震

初めの大きい地震に引き続いて,その震源周辺に起こる規模の小さい地震の総称。大きい地震ほど余震の回数が多く,余震の起こる地域も広い。余震域の長径の長さは,地震断層の長さにほぼ対応している。マグニチュード...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android