コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ハクラン(白藍) ハクラン “Brassica napus” (synthetic)

1件 の用語解説(ハクラン(白藍)の意味・用語解説を検索)

世界大百科事典 第2版の解説

ハクラン【ハクラン(白藍) “Brassica napus” (synthetic)】

アブラナ科の一・二年草。ハクサイキャベツとの種間交雑により日本で作り出された新しい野菜で,ハクサイ(白菜)の〈ハク〉とキャベツ(甘藍)の〈ラン〉をとって命名された。ハクサイは体細胞(二倍体)の染色体数20本,キャベツは18本で,その染色体セットAおよびCゲノムと名づけられている。この両種の染色体数を倍加した四倍体間の交配から,38本の体細胞染色体(ゲノム構成はAACC)を有する複々倍体植物を育成することによって作出されたものである。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

世界大百科事典内のハクラン(白藍)の言及

【アブラナ(油菜)】より

…【堀田 満】。。…

【ナタネ(菜種)】より

【八木 哲浩】。。…

※「ハクラン(白藍)」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

ハクラン(白藍)の関連キーワードケールコールラビ白菜スグキナタイサイトウナナバナヒロシマナメキャベツルタバガ

今日のキーワード

ポケモンGO

2016年7月6日に米国・オーストラリア・ニュージーランドで配信開始となったスマートフォン用AR(仮想現実)モバイルゲーム。開発・発売元はNiantic,Inc.(ナイアンティック)で、株式会社ポケモ...

続きを読む

コトバンク for iPhone