ハクラン(白藍)(読み)ハクラン(英語表記)“Brassica napus” (synthetic)

世界大百科事典 第2版の解説

ハクラン【ハクラン(白藍) “Brassica napus” (synthetic)】

アブラナ科の一・二年草ハクサイキャベツとの種間交雑により日本で作り出された新しい野菜で,ハクサイ(白菜)の〈ハク〉とキャベツ(甘藍)の〈ラン〉をとって命名された。ハクサイは体細胞(二倍体)の染色体数20本,キャベツは18本で,その染色体セットはAおよびCゲノムと名づけられている。この両種の染色体数を倍加した四倍体間の交配から,38本の体細胞染色体(ゲノム構成はAACC)を有する複々倍体植物を育成することによって作出されたものである。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

世界大百科事典内のハクラン(白藍)の言及

【アブラナ(油菜)】より

…【堀田 満】。。…

【ナタネ(菜種)】より

【八木 哲浩】。。…

※「ハクラン(白藍)」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

八村塁

プロバスケットボール選手。ポジションはパワーフォワード、スモールフォワード。身長203センチメートル、体重104キログラム。アフリカ・ベナン共和国出身の父と日本人の母をもつ。1998年2月8日、富山県...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android