ハサン・イブン・アリー(英語表記)al-Ḥasan ibn `Alī

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ハサン・イブン・アリー
al-Ḥasan ibn `Alī

[生]624/625. メジナ
[没]669/670. メジナ
イスラム第4代カリフのアリーと預言者ムハンマドの娘ファーティマの間に生れた長男。父アリーが暗殺された (661) 直後,クーファで支持者からカリフに推されて就任したが,ウマイヤ家のムアーウィヤとの争いを避け,巨額の年金を条件にカリフ位要求権を放棄してメジナに隠棲した。数十人の妻と数百人の側室に囲まれた安逸な生活のはてに,家庭内の不和により毒殺されたといわれる。シーア派は彼を第2代のイマームとする。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

熱射病

高温多湿下の労働時に外界への熱放散が困難なために発病する疾患をいい、現在では日射病とともに高温障害の一病型とされている。[重田定義][参照項目] | 高温障害...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android