コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

メジナ メジナ Medina

翻訳|Medina

7件 の用語解説(メジナの意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

メジナ
メジナ
Medina

アラビア語ではマディーナ Al-Madīnahで,さらに前には最も輝かしい都市を意味するムダッワラ Al-Mudawwarah,神の使徒ムハンマドの都市を意味するマディーナ・ラスールアッラー Madīnat Rasūl al-Lāhと呼ばれていた。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

メジナ
メジナ
Girella punctata

スズキ目イスズミ科の海水魚。体長 45cm内外に達する。体は卵円形で,側扁し,吻は丸い。両顎に絨毛状の歯帯がある。主鰓蓋骨にやや鋭いとげが 1本ある。尾鰭の後縁はやや湾入し,その上下端はとがっている。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉の解説

メジナ(Medina)

サウジアラビア西部の都市。メッカの北方約340キロメートルにある。622年、ムハンマドメッカから移住(ヒジュラ)して以来、イスラム教第2の聖地となった。ムハンマドの墓と預言者のモスクがある。メディナアラビア語名マディーナ。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

百科事典マイペディアの解説

メジナ

メジナ科の魚。地方名グレ,ブレ,クロウオ,クロダイなど。全長30cmになる。体は楕円形で側扁し,体色は紫黒色。日本〜台湾に分布。沿岸の岩礁の間にすみ,海藻や小動物を食べる。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

世界大百科事典 第2版の解説

メジナ【Girella punctata】

スズキ目メジナ科の海産魚(イラスト)。北海道以南の日本各地,台湾,東シナ海に分布している。沿岸の岩礁域にすみ,磯釣りなどで人気のある魚で,クロイオ,クロダイ,クシロ,カラス,ホッポ,タカイオなど多くの地方名がある。タイドプールでは幼魚がよく見られる。体は紫黒色の美しい色をし,各うろこの中心部は縁辺部より濃い。両あごに先端が三つに分かれた門歯があり,これにより海藻類をかじりとって食べるが,甲殻類や多毛類なども食べる雑食性。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

大辞林 第三版の解説

メジナ【Medina】

サウジアラビア北西部の宗教都市。622年メッカを逃れたムハンマドが移住(ヒジュラ)したイスラム教の聖地。ムハンマドの墓がある。古名ヤスリブ。メディナ。

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

メジナ
めじな / 目仁奈
[学]Girella punctata

硬骨魚綱スズキ目メジナ科に属する海水魚。北海道以南、中国、フィリピンなどに分布する。高知県や関西地方ではグレとよび、またクロイオとよぶ地方もある。全長50センチメートルに達し、体は楕円(だえん)形で側扁(そくへん)する。口は小さく、目も小さい。体色は紫黒色。各地の沿岸の岩礁にすみ、雑食性で海藻やゴカイ、エビ、カニなどの小動物を食べる。産卵期は2、3月で、卵は径1.01~1.03ミリメートルの浮性卵である。孵化(ふか)した稚魚は初夏のころは5センチメートルくらいに成長し、20~50尾の群れをつくり、岩場を泳ぎ回って盛んに餌(えさ)をあさる。夜間は外敵に襲われないように浅い岩陰で眠り、夜明けになるとまた群れをなし遊泳する。干潮によって潮だまり(タイドプール)に閉じ込められると、仲間どうしのけんかがおこり、強いものから順位ができ、縄張り(テリトリー)をつくることが観察されている。10センチメートルの2年魚になると行動範囲が広まり、昼はほかの磯(いそ)にも遠遊する。3年魚以上では昼も夜も外海に面したやや深い岩礁の割れ目などに隠れている。近縁種にクロメジナG. melanichthys、オキナメジナG. mezinaなどがいる。クロメジナは体が細長く、鱗(うろこ)が小さい。オキナメジナは体側中央に黄色の1横帯がある。総菜用として食用にされるがやや磯臭い。冬季には美味である。[片山正夫]

釣り

入梅時と冬に人気があるが、ほぼ一年中磯釣りができる。関西地方の一部には、船を沖に出して錨(いかり)で泊め、カカリ釣りという方法で釣る所もある。釣りの対象になるのはメジナ(関西地方でグレ、クチブト)とクロメジナ(関西地方でオナガ、オナガグレ)の2種。クロメジナのほうが大形でスピード感、引き味も抜群なので、対象魚種により竿(さお)の調子、道糸やハリスの太さなどもそれなりに変える必要がある。竿は磯竿メジナ用5メートル級。中型スピニングリールに道糸3~6号。ハリス1.5~5号を2~3メートル。鉤(はり)はチヌ鉤2~7号や、あぶみ鉤7~8号。
 群泳する習性があるので、沖からの波が磯に当たって白く泡立つさらし場や、海底が海溝状になった潮流のよい所にアミ、オキアミ、イワシのミンチなどの寄せ餌(え)を少量ずつ終日投入し、この寄せ餌の流れと同じに仕掛けを流す。また、籠(かご)釣りといって、寄せ餌の籠をセットして釣ったり、ウキなしのフカセ釣りもあるが、基本はウキ釣り。ウキ下の目安はだいたい3メートルくらい。ハリスから餌が垂直でなく、斜めに潮にのって流すのがよい。[松田年雄]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

メジナの関連キーワードシロギスマダイイスズミ目仁奈アオカマスアサヒダイオオニベキグチシズシロカワカジキ

今日のキーワード

日本政策投資銀行

1999年に日本開発銀行と北海道東北開発公庫を統合し、発足した政府系総合政策金融機関。一般の金融機関が行なう金融などを補完・奨励し、長期資金の供給などを行ない、日本の経済社会政策に金融上で寄与していく...

続きを読む

コトバンク for iPhone

メジナの関連情報