コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

アリー `Alī ibn Abī Tālīb

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

アリー
`Alī ibn Abī Tālīb

[生]600頃.メッカ
[没]661. クーファ
預言者ムハンマドの従弟で女婿。第4代正統カリフ (在位 656~661) 。幼少のときからムハンマドに養育され,ムハンマドが預言者として活動しはじめると,その有能な秘書として活躍。ムハンマドの末娘ファーティマと結婚して,2男をもうけ,ムハンマドの血筋を後世に伝えた。第3代カリフ,ウスマーンの暗殺後,カリフに選出されたが,ムハンマドの未亡人アーイシャやウマイヤ家のムアーウィヤ (→ムアーウィヤ1世 ) らの反対派との戦いを余儀なくされ,反対派の刺客に暗殺された。のちに,シーア派はアリーの子孫のみにイスラム世界の指導者の資格があると主張した。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

百科事典マイペディアの解説

アリー

イスラムの第4代カリフ(656年―661年)。シーア派では初代イマーム。預言者ムハンマドのいとこで,妻は預言者の娘ファーティマ。フサインの父。イスラムへの改宗は早く,2,3番目ともいわれる。
→関連項目アデンウマイヤ朝カルバラー十二イマーム派ナジャフ

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて 情報

世界大百科事典 第2版の解説

アリー【‘Alī b.Abī Ṭālib】

600ころ‐661
第4代正統カリフ。在位656‐661年。シーア派初代イマーム。預言者ムハンマドのいとこ。その娘ファーティマをめとり,彼女との間にハサンal‐Ḥasan b.‘Alī(624∥625‐669∥670)とフサインの2子をもうけた。改宗の時期は2,3位を争うほど早く,若くからイスラム教団の発展に尽くした。第3代カリフ,ウスマーンの殺害者たちに推されてカリフを宣言したが,もろもろの対抗勢力との抗争で精力を使い果たし,結局彼の理想を実現することなく生涯を終えた。

アリー【Warder Clyde Allee】

1885‐1955
アメリカの動物生態学者。インディアナ州生れ。1928年以来シカゴ大学教授を務め,動物が集合することが各個体の生存に良い影響を与えることを発見し,集合性の発達による生物の社会性進化の学説を唱えた。動物間の順位制の研究の発展も彼によるところが大きい。49年に弟子たちとともに書いた大著《動物生態学の原理Principles of Animal Ecology》は第2次世界大戦後の決定版的な教科書として世界中でひろく読まれた。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について 情報

大辞林 第三版の解説

アリー【‘Alī】

600頃~661) イスラムの第四代正統カリフ(在位656~661)。ムハンマドの従兄弟いとこ。政敵ムアーウィヤと争い、その渦中に暗殺された。 → シーア派

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

367日誕生日大事典の解説

アリー

生年月日:1885年6月5日
アメリカの生態学者
1955年没

アリー

生年月日:1909年10月19日
パキスタンの外交官,政治家
1963年没

出典 日外アソシエーツ「367日誕生日大事典」367日誕生日大事典について 情報

世界大百科事典内のアリーの言及

【アラウィー派】より

…教義上イスマーイール派の影響が顕著だが,シリアの土着的宗教伝統のうえにキリスト教とイスラムを折衷したものともみられる。人類史の七循環期においてそれぞれ奥義を体現するサーミト(沈黙者)をナーティク(語る者,預言者)より上位に置き,その結果,第4代カリフ,アリーを神格化し,またアリー,ムハンマド,教友のペルシア人サルマーンの3人――頭文字をとってアイン(‘),ミーム(m),シーン(s)――の組合せ(月,太陽,天空に比せられる)を重視する。オスマン帝国下で19世紀前半までは一定の自治が認められ,またフランスのシリア委任統治は分割支配政策としてその自治権を強調し操縦した。…

【ザンジュの乱】より

…サワードのザンジュはイスラム時代になってからこの乱以前にも2度反乱を起こしたことが記録されている。 9世紀末のこの反乱の指導者は,アリー‘Alī b.Muḥammad(?‐883)で,第4代カリフ,アリーの子孫と称するアラブ貴族であった。彼はアラビアのバフラインで宗教改革運動を始め,信徒を得て863∥864年に武装蜂起したが失敗した。…

【シーア派】より

…スンナ派とともにイスラムを二分する一派で,預言者ムハンマドのいとこで女婿でもあるアリーを預言者の跡を継ぐべき者として奉ずるイスラム諸分派の総称(図)。シーアとは〈党派〉を意味する語で,本来,〈アリーを支持する党派Shī‘a ‘Alī〉の略称。…

【ゾロアスター教】より

…この結果,両者をともに超越する根本原理として,ズルバーンZurvān(時)を定立する,いわゆるズルバーン教が勢力を得た。 シーア派の第4代イマーム,アリーはササン朝最後の王ヤズダギルドの娘から生まれたとする口承が流布し,多くのゾロアスター教徒がシーア派イスラムを受容する因となり,イランのイスラム化がすすんだ。他方,10世紀以降ゾロアスター教徒のインドへの移住が行われた結果,現在ボンベイを中心にインドにパールシー教徒とよばれる約8万人のゾロアスター教徒がいる。…

【マザーリ・シャリーフ】より

…人口12万8000(1990)。15世紀,ティムール朝のスルターン・フサイン(在位1470‐1506)の治世に,第4代カリフ(シーア派の初代イマーム)アリーの墓がここで発見されたといわれ,墓廟が建てられた。それがマザーリ・シャリーフ(聖者の墓)と呼ばれ,スンナ派,シーア派両派の信者の参詣の対象となり,門前町が発達し,バルフに取って代わった。…

※「アリー」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

アリーの関連キーワードウンキャル・スケレッシ条約シャリーフ・アルムルタダーキャリスタ フロックハートアッバース・ヒルミー2世ブレックファスト・クラブヘイデン パネッティーアシャリーフ・アッラジーイブラーヒーム・パシャハサン・イブン・アリーワーシル・ビン・アターイスマーイール・パシャムハンマド・アリー朝ファールーク[1世]ムハンマド・アリー朝エジプト・トルコ戦争ムアーウィヤ(1世)ジンナー生誕記念日メフメット・アリーベンユーセフモスクシッフィーンの戦い

今日のキーワード

いい夫婦の日

11月22日。通商産業省(現経済産業省)が制定。パートナーへの感謝の意を示し、絆を深める。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

アリーの関連情報