コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ムアーウィヤ Mu‘āwiya

デジタル大辞泉の解説

ムアーウィヤ(Mu‘āwiya)

[?~680]ウマイヤ朝の初代カリフ。在位661~680。シリア総督。海軍を創設し地中海に進出。第4代カリフのアリーと対決。アリー暗殺後カリフの位につき、ウマイヤ朝を創始。カリフの世襲制を確立した。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

ムアーウィヤ【Mu‘āwiya】

?~680) ウマイヤ朝の初代カリフ(在位661~680)。第四代正統カリフのアリーと対立。アリーが暗殺されたのちカリフの位につき、ダマスカスに新王朝を開いた。大征服事業を指導し、カリフ世襲制を確立。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

ムアーウィヤの関連キーワードアリー(‘Alī b. Abī Tālib)ジヤード・イブン・アビーヒコンスタンティノス(4世)アムル・ブン・アルアースアムル・イブヌル・アースハサン・イブン・アリーワーシル・ビン・アターイブン・アッズバイルアブー・スフヤーンシッフィーンの戦い西アジア史(年表)中東史(年表)ヘラクリウス朝正統カリフ時代ハワーリジュ派マルワーン家ハワーリジ派イスラム帝国ダマスカス西アジア史

今日のキーワード

硫黄山(いおうやま)

標高1317メートルの活火山で、火口は登山者に人気のある韓国(からくに)岳(1700メートル)の登山道沿いにある。硫黄の結晶が鉱山で採れたため、硫黄山と呼ばれるようになったという。直近の噴火は1768...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android