コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ハジ・ウマル al‐Ḥājj ‘Umar

世界大百科事典 第2版の解説

ハジ・ウマル【al‐Ḥājj ‘Umar】

1797?‐1864
西アフリカ,セネガル川上流,フータ・トロ地方に生まれたイスラム改革指導者で,1848年から97年まで続いたトゥクロール帝国の建設者。ティジャーニー教団の厳格なイスラム教義を学び,23歳の時にメッカ巡礼に旅立ち,現ナイジェリア北西部のフラニ王国のムハンマド・ベロ王の娘を嫁にもらった。メッカでは,ティジャーニー教団からブラック・アフリカのカリフとして指名された。帰途数年間フラニ王国のソコトで義父から政治的訓練を受けた後,1840年にフータ・トロに帰り,黙想,自己否定,教主への盲目的従順こそが神に近づく道であると説き,支持者を増やした。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

世界大百科事典内のハジ・ウマルの言及

【ティジャーニー教団】より

…北アフリカにおけるこの教団は,19世紀にフランスの植民地支配のもとでは概して穏健で妥協的態度をとった。しかし,ティジャーニーの弟子でセネガル人であるハジ・ウマルは19世紀中ごろに,この教団をナイジェリア,ギニア,マリ,コートジボアールなどの西アフリカの各地に広めた。西アフリカにおけるティジャーニー教団は戦闘的性格をもち,フランスの植民地支配に対しても概して反抗的であった。…

【マリ】より

…そして彼は植民地化初期の民族的英雄としてフランス軍に抵抗したが,98年に敗北し,ガボンに流刑された。 他方,現ギニア中北部のディンギラエを本拠地として台頭してきたトゥクロールTukulor帝国のハジ・ウマルは,イスラムの聖戦(ジハード)を宣言し,カアルタ,セグー,マシーナなどの王国を制圧していった。しかし1864年死去したハジ・ウマルを継いだアマドゥAmadou王は,92年フランス軍によって追放された。…

※「ハジ・ウマル」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

ハジ・ウマルの関連キーワード近・現代アフリカ史(年表)

今日のキーワード

異常天候早期警戒情報

5日から 8日先を最初の日とする 7日間の平均気温がかなり高い,またはかなり低い確率が 30%以上と見込まれる場合に注意を呼びかけるため気象庁から発表される情報。低温や猛暑が長く続くと,人の活動や農作...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android