ハチノスツヅリガ(読み)はちのすつづりが

日本大百科全書(ニッポニカ)「ハチノスツヅリガ」の解説

ハチノスツヅリガ
はちのすつづりが / 蜂の巣綴蛾
[学] Galleria mellonella

昆虫綱鱗(りんし)目メイガ科に属する。はねの開張は雄が20ミリメートル内外、雌が30ミリメートル内外。はねは細長く、前翅の外縁はすこしへこんでいる。前翅は茶褐色だが、雌は黒みが強く、不明瞭(ふめいりょう)な黒色外横線と翅底部に黒紋がある。幼虫は体長18ミリメートル内外の白色のウジ状で、ミツバチの巣、毛皮、羊毛などを食べる。養蜂(ようほう)上の害虫で、ハチミツガともいう。西洋種ミツバチの人為的な移動により、本来の生息地であるヨーロッパから世界中に分布を広げた。日本では本州以南に産する。

[井上 寛]


出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典「ハチノスツヅリガ」の解説

ハチノスツヅリガ
Galleria mellonella; bee moth

鱗翅目メイガ科。一名ハチミツガ。前翅長 10~16mm。前翅はやや細長く,外縁がへこむ。前翅表は赤褐色後縁淡色,後縁近くに暗褐色の点列がある。後翅は白色で,翅頂から外縁にかけて暗色である。幼虫はミツバチの巣内にすみ,巣盤を食害する大害虫。世界各地に分布し,成虫夏季出現する。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

今日のキーワード

物言う株主

上場企業の経営に自らの考えを表明して積極的に関わる株主。株主総会で独自の議案を提出したり、役員などを送り込んだりして経営改革を迫ることもある。アクティビスト。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android