ハッジ・ムハンマド(英語表記)Hajji Muhammad

世界大百科事典 第2版「ハッジ・ムハンマド」の解説

ハッジ・ムハンマド【Hajji Muhammad】

イラク南部,ウルク南西約13kmのユーフラテス川支流セビル川の河床にある先史時代遺跡。ドイツのウルク・ワルカ調査隊が1937‐38,38‐39年の冬に試掘を行い,それまで南メソポタミアで知られていなかった型式彩文土器を発見した。淡黄色の胎土幾何学文暗紫色の彩色で厚く広く施したもので,ハラフやアルパチヤの彩文土器との類似が注意されたが,メソポタミア南部における編年上の位置づけが確定したのは,47‐49年のエリドゥにおける発掘の結果である。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

今日のキーワード

VAR

《video assistant referee》サッカーで、主審・線審のほかに試合を映像で確認する審判員。また、その制度。映像の確認中に検証が必要と判断した場合に無線で主審に伝え、主審はピッチ脇に用...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android