コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ハドック

3件 の用語解説(ハドックの意味・用語解説を検索)

栄養・生化学辞典の解説

ハドック

 [Melanogrammus aeglefinus].和名モンツキダラ.タラ目タラ科の大西洋産の海産魚.1m以上になる.

出典|朝倉書店
Copyright (C) 2009 Asakura Publishing Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉の解説

ハドック(haddock)

小鱈

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

ハドック
はどっく
haddock
[学]Melanogrammus aeglefinus

硬骨魚綱タラ目タラ科に属する海水魚。大西洋両岸の中・北部に広く分布し、水深10~450メートルの海底にすむ。マダラに似ているが、側線が黒く、1個の大きな円形の黒斑(こくはん)が胸びれ基部と側線の間にある。全長80センチメートル余り。
 雌は5年、雄は4年で成熟する。2~7月(盛期は3~4月)の間に水深50~150メートルの所で産卵する。卵は大きくて直径1.2~1.7ミリメートル、受精後2週間で孵化(ふか)する。卵や仔魚(しぎょ)は浮遊して遠く北のほうへ運ばれる。孵化後半年ぐらいで5センチメートル余りになって底生生活に入り、コペポーダやオキアミなどを食べる。未成魚はヒトデ、多毛類、イカナゴなどをとる。1年で16センチメートル、2年で30センチメートル、4年で46センチメートルに成長し、13年で最大全長82センチメートル余りになる。トロール網、延縄(はえなわ)などで漁獲され、西ヨーロッパでは食用としての価値が高い。鮮魚、冷凍、燻製(くんせい)、缶詰のほか、家畜飼料用のフィッシュミール(魚粉)にされる。[落合 明・尼岡邦夫]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

今日のキーワード

パラチオン、パラチオンメチル

パラチオンは無色で油状の液体、パラチオンメチルはコハク色の液体。ともに毒性が強く、有機リン系殺虫剤として使用された。50年代以降、稲の害虫被害を防ぐことが確認され、広く導入された。しかし、農民の中毒死...

続きを読む

コトバンク for iPhone

ハドックの関連情報