コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ハドック

栄養・生化学辞典の解説

ハドック

 [Melanogrammus aeglefinus].和名モンツキダラ.タラ目タラ科の大西洋産の海産魚.1m以上になる.

出典|朝倉書店栄養・生化学辞典について | 情報

デジタル大辞泉の解説

ハドック(haddock)

小鱈

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

ハドック
はどっく
haddock
[学]Melanogrammus aeglefinus

硬骨魚綱タラ目タラ科に属する海水魚。大西洋両岸の中・北部に広く分布し、水深10~450メートルの海底にすむ。マダラに似ているが、側線が黒く、1個の大きな円形の黒斑(こくはん)が胸びれ基部と側線の間にある。全長80センチメートル余り。
 雌は5年、雄は4年で成熟する。2~7月(盛期は3~4月)の間に水深50~150メートルの所で産卵する。卵は大きくて直径1.2~1.7ミリメートル、受精後2週間で孵化(ふか)する。卵や仔魚(しぎょ)は浮遊して遠く北のほうへ運ばれる。孵化後半年ぐらいで5センチメートル余りになって底生生活に入り、コペポーダやオキアミなどを食べる。未成魚はヒトデ、多毛類、イカナゴなどをとる。1年で16センチメートル、2年で30センチメートル、4年で46センチメートルに成長し、13年で最大全長82センチメートル余りになる。トロール網、延縄(はえなわ)などで漁獲され、西ヨーロッパでは食用としての価値が高い。鮮魚、冷凍、燻製(くんせい)、缶詰のほか、家畜飼料用のフィッシュミール(魚粉)にされる。[落合 明・尼岡邦夫]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

ハドックの関連キーワードドナルド・オグデン スチュアートフィッシュ・アンド・チップスポラック(海水魚)フィナンハドックアバディーン発音魚

今日のキーワード

かりゆし

1 沖縄方言で「縁起がよいこと」「めでたいこと」を表す語。2 「かりゆしウエア」の略。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

ハドックの関連情報