コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ハドリアヌス帝のビラ ハドリアヌスていのビラVilla Adriana

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ハドリアヌス帝のビラ
ハドリアヌスていのビラ
Villa Adriana

ローマの皇帝ハドリアヌス (在位 117~138) が市の東 25kmのチボリ郊外に築いた別荘で,この時代の邸宅や庭園を今日に伝える数少ない遺跡の一つ。広大なローマ帝国の版図を転戦したハドリアヌスの旅の思い出をちりばめたとされる。ギリシアからはヒッポドロームやペキーレ (絵画装飾を施した柱廊建築) ,劇場,アカデミアを,またアレクサンドリアからはセラピスの神殿に端を発する水流になぞらえたカノプスを配し,大小の浴場や図書館,ニンファエウムなどとされる部分が約 60~70haの敷地に散在する。軍営なども含み,ほぼ小都市といえる規模で,ビラの各部分は起伏のある敷地の形状に合わせて軸線を変えて配置され,廃墟となったいまも往時の姿を十分偲ぶことができる。 1999年世界遺産の文化遺産に登録。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

ハドリアヌス帝のビラの関連キーワードローマ建築フォリー宮殿

今日のキーワード

所信表明演説

政府の長が施政に関する考え方を明らかにするために行う演説。日本の国会では、臨時国会や特別国会の冒頭に内閣総理大臣が衆議院および参議院の本会議場で行い、当面の問題を中心にその国会における内閣の方針を示す...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android