ハナホウキタケ(読み)はなほうきたけ

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

ハナホウキタケ
はなほうきたけ / 花箒茸
[学] Romania formosa (Fr.) Quél.

担子菌類、マツタケ目ホウキタケ科の毒キノコ。毒性のため、下痢をおこすことが多いが、人によっては食用にしても下痢症状をみせない場合もある。高さ5~15センチメートル、根元から何回も枝を分ける。全体的にくすんだ桃色ないし橙紅(とうこう)色であるが、枝の先端部が黄色を帯びるのが特徴である。肉は白いが、切ると淡い紫褐色に変わることが多い。胞子紋は黄泥色。胞子は8~15マイクロメートル×4~6マイクロメートルの長楕円(ちょうだえん)形で、表面には細かいいぼいぼがある。秋、おもに広葉樹林内の地上に列をつくって生えることが多い。分布は日本全土のほか、世界各地。近縁種に、形が似て色が全体に橙黄色のコガネホウキタケR. aurea (Fr.) Quél.、全体に鮮黄色のキホウキタケR. flava (Fr.) Quél.があり、これらは食用とされる。

[今関六也]


出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

世界大百科事典内のハナホウキタケの言及

【ホウキタケ】より

…ホウキタケ属Ramariaには種類が多く,ホウキタケのように無数に枝分けをするもの,枝が少ないもの,棒状で枝を分けないもの,1本ずつはえるもの,束になってはえるものなど形に変化は多く,大小,色などもさまざまあり,種類はきわめて多い。ホウキタケに形は似るが,紅色のハナホウキタケR.formosa (Fr.) Quél.と橙色のコガネホウキタケR.aurea (Fr.) Quél.などは,食べると下痢をする。スリコギタケClavariadelphus pistillaris (Fr.) Donkは高さ10~30cmで,太さ2~6cmのすりこぎ形の大型のキノコ。…

※「ハナホウキタケ」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報