コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ハニカム信号処理 はにかむしんこうしより,はにかむしんごうしょり

1件 の用語解説(ハニカム信号処理の意味・用語解説を検索)

カメラマン写真用語辞典の解説

ハニカム信号処理

 一般の CCD から得られる記録画素数は、そのCCDの総画素数以下になることが普通だが、フジフイルムの スーパーCCDハニカム の記録画素数は約2倍近くになる。これはハニカムセンサから得られた情報をもとにして、それぞれのセンサの間を埋めるような位置に“擬似的なセンサー”を作り出し、フルカラーを生成するためだ。簡単に言えば 画素補間 処理だが、フジフイルムはこれを「ハニカム信号処理」と呼んでいる。

出典|カメラマンWeb
解説は執筆時の情報に基づいており、現時点で最新の内容であることを保証するものではありません。

ハニカム信号処理の関連キーワード画素記録画素数撮影画素数有効画素数画素数損失回避性鯨油出力画素数総画素数HDズーム

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone