ハラナ城(読み)ハラナジョウ

デジタル大辞泉の解説

ハラナ‐じょう〔‐ジヤウ〕【ハラナ城】

Qasr Kharanah》ヨルダン中部にある城館跡。首都アンマンの東約60キロメートルに位置する。8世紀初め、ウマイヤ朝カリフ、ワリード1世の時代に建造。中庭がある四角形の石造建築で、ビザンチン建築ササン朝ペルシアの影響が見受けられる。カスルハラナ

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

政府開発援助

政府ベースの経済協力の一つで,特に先進国政府が発展途上国の経済開発などを促進するため財政資金を使って供与する援助。 (1) 2国間での直接援助と,(2) 国際機関を通じての多国間援助に分けられる。直接...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android