コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ハラナ城 ハラナジョウ

デジタル大辞泉の解説

ハラナ‐じょう〔‐ジヤウ〕【ハラナ城】

Qasr Kharanah》ヨルダン中部にある城館跡。首都アンマンの東約60キロメートルに位置する。8世紀初め、ウマイヤ朝カリフ、ワリード1世の時代に建造。中庭がある四角形の石造建築で、ビザンチン建築ササン朝ペルシアの影響が見受けられる。カスルハラナ

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

キラウエア火山

ハワイ諸島の南東端、同諸島中最大のハワイ島南東部を占める玄武岩質の活火山。標高1222メートル。島の中央部にあるマウナ・ロア山、マウナ・ケア山と同様に、傾斜が平均6~7度の緩やかな楯状(たてじょう)火...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android