コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

アムラ城 アムラじょうQuseir Amra

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

アムラ城
アムラじょう
Quseir Amra

ヨルダン中部,首都アンマンから東へ約 85kmの砂漠地帯に残るウマイヤ朝の離宮。8世紀初頭,キャラバンサライ (隊商宿) の跡に建てられたものに増改築を重ねたもので,謁見の間や浴室などが備えられている。7世紀なかばにアラブ世界統一を果したウマイヤ朝の王カリフたちは,征服地での支配をより強固にするための移動宮廷として,さらには遊牧民であった祖先の慣習をしのぶため,あるいは厳格なイスラムの戒律からしばし逃避するためか,わざわざ砂漠のなかに宮殿を建設した。宮殿にはいくつもの浴室が設けられ,客を招いてはともに入浴し,戒律で禁じられていた酒もふるまわれたらしい。壁や天井一面を飾るフレスコ画は,十二宮の天体図をはじめ,人々の暮しや砂漠の動物などを色彩豊かに,いきいきと描き出している。 1985年世界遺産文化遺産に登録。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

デジタル大辞泉の解説

アムラ‐じょう〔‐ジヤウ〕【アムラ城】

Qasr Amra》ヨルダン中部にある城館跡。首都アンマンの東約80キロメートルに位置する。8世紀、ウマイヤ朝時代に建造。征服地の警護のために築かれたとされるが、厳格なイスラム教徒の目を逃れ、王族らが酒宴や入浴を楽しむための離宮として利用された。館内には裸婦、動物、天体図などを描いたフレスコが残っている。1985年に世界遺産(文化遺産)に登録された。カスルアムラクサイルアムラ

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

百科事典マイペディアの解説

アムラ城【アムラじょう】

ヨルダンの首都アンマンの東約85kmの砂漠に建つ城。8世紀初めに造られたウマイヤ朝の離宮で,カリフの居城および要塞として代々使用された。保存状態が非常によく,大部分当時の姿をとどめている。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて | 情報

世界遺産詳解の解説

アムラじょう【アムラ城】

1985年に登録された世界遺産(文化遺産)で、ヨルダンの首都アンマンの東約150kmに位置する。外観はドーム型の屋根になっていて、内部は温水浴室、冷水浴室、熱浴室(サウナ)からなるローマ式で、深さ25mの井戸も残っている。8世紀初頭にウマイヤ朝(661~750年)のカリフ(ムハンマドの後継者の意で、全イスラムの最高指導者)が、離宮として建設したといわれている。公には、征服した土地を管理警戒するために建てられたとされているが、実際には、厳格なイスラム教徒の目をそらし、カリフたちが享楽的な生活を送るための離宮だったと考えられている。建物内には、裸体の踊り子、砂漠での狩猟場面、十二宮の天体図などのフレスコ技法で描かれた壁画が残っている。特に「謁見の間」にはビザンツ皇帝など、各国の皇帝の姿が描かれている。このような古代遺跡の魅力が評価され、世界遺産に登録された。◇英名はQuseir Amra

出典|講談社世界遺産詳解について | 情報