ハリヨ(読み)はりよ

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

ハリヨ
はりよ / 針魚
naked threespine stickleback
[学]Gasterosteus aculeatus subsp.

硬骨魚綱トゲウオトゲウオ科に属する淡水魚。ハリウオともいう。滋賀県の北東部、岐阜県の南西部の平地の湧水域とその下流に分布する。元来、三重県に生息していた群は絶滅した。現在、兵庫県と三重県に生息している群は岐阜県からの移入である。本種に従前はGasterosteus microcephalusの学名が与えられていたが、イトヨの仲間Gasterosteus aculeatusの亜種とされ、まだ学名が与えられていない。背びれに3本(ときに5本)の棘(とげ)があるイトヨ属の仲間で、背びれ棘(きょく)の鰭膜(きまく)は棘の先端に達し、体側の骨板は胸びれの上方にだけある。水温が20℃以下の水域にすみ、流れがゆるやかで、底が泥か砂泥で水草が繁茂するところを好む。水生昆虫などを食べる。1年で3~4センチメートル、2年で5センチメートル以上になる。産卵の盛期は3~5月であるが、1年中行われる。環境省のレッド・リスト(2013)では絶滅危惧A類に指定されている。生息域の市町村において保全活動が行われている。[落合 明・尼岡邦夫]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

世界大百科事典内のハリヨの言及

【トゲウオ(棘魚)】より

…また,淡水型は北日本のごく限られたわき水の出る池や小川にすみ,若干の個所で天然記念物に指定されている。イトヨに近縁なハリヨG.a.microcephalus(イラスト)は鱗板が2~7枚と少ないことで区別され,岐阜,三重,滋賀3県の一部でやはり湧水域にすむが,近年激減している。日本産のトミヨ属には数種があり,いずれも淡水型である。…

※「ハリヨ」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

バズる

[動ラ五(四)]《「バズ」の動詞化》俗に、ウェブ上で、ある特定の事柄について話題にする。特に、SNSを通じて多人数がうわさをしたり、意見や感想を述べ合ったりして、一挙に話題が広まることを指す。→バズマ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

ハリヨの関連情報