ハロペリドール(英語表記)haloperidol

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ハロペリドール
haloperidol

ブチロフェノン誘導体の抗精神病薬の一つである (→向精神薬 ) 。作用機序として,抗ドーパミン,抗ヒスタミン作用のほか,弱いが抗αアドレナリン,抗セロトニン作用が考えられている。臨床では,精神病治療のほかに強化麻酔,止痒,制吐などに用いられる。抗精神病薬の原型であるクロルプロマジンと作用も副作用も類似しており,強弱の差があるだけである。ハロペリドールのほうが,副作用としての鎮静作用は弱く,パーキンソン症状は強く,起立性低血圧は軽度である。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

今日のキーワード

国民投票法

正式名称は「日本国憲法の改正手続に関する法律」。平成19年法律第51号。2007年(平成19)5月18日に制定され、施行は3年後の2010年5月18日である。この法律は、日本国憲法第96条に定める日本...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android