コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ハロペリドール haloperidol

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ハロペリドール
haloperidol

ブチロフェノン誘導体の抗精神病薬の一つである (→向精神薬 ) 。作用機序として,抗ドーパミン,抗ヒスタミン作用のほか,弱いが抗αアドレナリン,抗セロトニン作用が考えられている。臨床では,精神病治療のほかに強化麻酔,止痒,制吐などに用いられる。抗精神病薬の原型であるクロルプロマジンと作用も副作用も類似しており,強弱の差があるだけである。ハロペリドールのほうが,副作用としての鎮静作用は弱く,パーキンソン症状は強く,起立性低血圧は軽度である。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

デジタル大辞泉の解説

ハロペリドール(haloperidol)

抗精神病薬の一種。主に統合失調症・非定型躁病などに用いられる。幻覚・妄想などを軽くし、病的な興奮を鎮静させる。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

ハロペリドールの関連キーワードニューロレプト麻酔向精神薬のいろいろトランキライザー覚醒剤急性中毒チック舞踏病

今日のキーワード

だまされたふり作戦

「振り込め詐欺」に代表される特殊詐欺事件の警察による捜査手法の一つで、振り込め詐欺と思われる不審な電話があった時、被害者が協力してだまされたふりをし、容疑者の電話番号、振込先、訪問時間などを聞き出し、...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android