コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

抗精神病薬 コウセイシンビョウヤク

デジタル大辞泉の解説

こうせいしんびょう‐やく〔カウセイシンビヤウ‐〕【抗精神病薬】

統合失調症幻覚・妄想の抑制、躁病の興奮の鎮静などに用いられる、向精神薬の一種。錯乱や極度の不安・鬱状態の改善にも使用される。主にドーパミンによる神経伝達を抑制することにより、意識水準を低下させずに情動を鎮静させる。メジャートランキライザー強力精神安定剤とも呼ばれる。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

こうせいしんびょうやく【抗精神病薬】

精神安定剤の一。統合失調症や躁病そうびよう、神経症などの治療に用いる薬の総称。神経安定薬。メジャー-トランキライザー。 → 精神安定剤抗不安薬

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

世界大百科事典内の抗精神病薬の言及

【向精神薬】より

…プロイトスProitosの娘たちが女神ヘラの怒りにふれて精神異常になったとき,予言者メランプスがヘリボリと称する薬を飲ませ,アルカディアの泉で水浴びさせてこれを治した,という。これは抗精神病薬というよりも下剤の一種であり,暗示効果をねらったのであろう。ホメロスの《オデュッセイア》には次のような物語がある。…

【トランキライザー】より

…抗不安薬を意味するのがふつうであるが,まれに広義に,マイナー・トランキライザーminor tranquillizer(穏和精神安定剤)とメジャー・トランキライザーmajor tranquillizer(強力精神安定剤)とに2分類される。しかし,まぎらわしいので現在では,前者を抗不安薬anti‐anxiety drug,後者を抗精神病薬anti‐psychotic drugとよぶようになった。バーガーF.M.Bergerが筋弛緩薬として合成したメプロバメートに抗不安作用が発見された(1955)のが最初の抗不安薬で,次いでベンゾダイアゼピン系のクロルジアゼポキサイド,ジアゼパム,オキサゼパムなどが合成され,心身症などに広く用いられている。…

※「抗精神病薬」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

抗精神病薬の関連キーワード薬物乱用による心の病気(薬物依存)急性間欠性ポルフィリン症気分障害(躁うつ病)注意欠陥・多動性障害パーキンソン症候群子どもの統合失調症日本イーライリリー向精神薬のいろいろクロルプロマジントランキライザーハロペリドール精神安定剤ジストニアレセルピンカールソン第一相試験ゼプリオン精神薬理学精神外科抗不安薬

今日のキーワード

チームパシュート

スピードスケートや自転車競技の一。複数人でチームを組み、隊列を組んで一定の距離を走り、速さを競うもの。団体追い抜き競技。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

抗精神病薬の関連情報