ハンカ[湖](読み)ハンカ

世界大百科事典 第2版の解説

ハンカ[湖]【Ozero Khanka】

中国(黒竜江省)とロシア連邦(沿海州)との国境上にある湖。中国では興凱(こうがい)湖と呼ぶ。降水の多少により湖岸線が進出・後退をするので面積は一定でないが,水面の高いときの面積はロシアの数値では4000~4400km2,中国の数値では4380km2。面積のわりには水深はきわめて浅く,最深でも10m。西岸台地の崖が続くが,その他の岸は低平で湿地が広がる。北岸の中国領には砂嘴(さし)でさえぎられた小興凱湖(マーラヤ・ハンカ)がある。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

今日のキーワード

夏至

二十四節気の一つであるが,二至 (夏至,冬至) ,二分 (春分,秋分) の四季の中央におかれた中気。夏至は太陰太陽暦の5月中 (5月の後半) のことで,太陽の黄経が 90°に達した日 (太陽暦の6月 ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android