ハンス ケルゼン(英語表記)Hans Kelsen

20世紀西洋人名事典の解説


1881.10.11 - 1973.4.19
オーストリアの法学者。
元・ウィーン大学教授,元・カリフォルニア大学教授。
プラハ生まれ。
ウィーン大学法学部を卒業後、ハイデルベルク大学で「国法学の主要問題」(1911年)で教授資格を得、ウィーン大学私講師となる。’19年には正教授となり、純粋法学立場から大著を数多く発表し、国際的名声を得た。’30年にケルン大学に移ったが、’33年にナチス政権獲得にともなって罷免され、’40年にはアメリカに亡命し、カリフォルニア大学教授となる。また、イデオロギー批判を多くし、因果率と応酬率の錯綜の思想史的解明を試みた。著書に「デモクラシー本質と価値」(’20年)、「一般国家学」(’25年)などがある。

出典 日外アソシエーツ「20世紀西洋人名事典」(1995年刊)20世紀西洋人名事典について 情報

367日誕生日大事典の解説

生年月日:1881年10月11日
オーストリアの法哲学者
1973年没

出典 日外アソシエーツ「367日誕生日大事典」367日誕生日大事典について 情報

今日のキーワード

ノーブレスオブリージュ

《「ノブレスオブリージュ」とも》身分の高い者はそれに応じて果たさねばならぬ社会的責任と義務があるという、欧米社会における基本的な道徳観。もとはフランスのことわざで「貴族たるもの、身分にふさわしい振る舞...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android