コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

純粋法学 じゅんすいほうがく reine Rechtslehre

4件 の用語解説(純粋法学の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

純粋法学
じゅんすいほうがく
reine Rechtslehre

H.ケルゼンによって主唱された実定法の純粋な客観的認識を目指す法理論。法学を政治的,倫理的考察や社会学的事実認識から方法論的に峻別し,規範体系としての実定法をその規範論理に即して客観的,科学的に認識すべきことを主張するもの。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

百科事典マイペディアの解説

純粋法学【じゅんすいほうがく】

法を当為命題としてとらえ,法学の任務を強制規範の体系としての法秩序の論理的・階層的構造を明らかにすることであると主張する法学。主観的な道徳的・政治的価値判断を拒否し,目的論的解釈を排し,新カント学派的な立場から価値自由な認識方法の純粋性を貫こうとした。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

世界大百科事典 第2版の解説

じゅんすいほうがく【純粋法学 reine Rechtslehre[ドイツ]】

H.ケルゼンによって主張された,法を政治的・倫理的評価や社会学的関心から分離し〈純粋に〉研究しようとする法理論。純粋法学は私法と公法の区別を否定し,実定法の一般理論をめざすものである。またH.L.A.ハートなどの現代分析法哲学にも批判的に摂取されている。(1)方法的基礎 純粋法学の方法の基礎となっているのは,存在〈……である〉と当為〈……すべき〉の峻別=二元論である。これは自然の世界に妥当する因果法則と法の世界に妥当する規範法則とを区別し,因果法則を認識しようとする自然科学に対して規範法則の認識を任務とする規範科学としての法学の独自性を主張するものであり,その際,法現象の因果的認識を行う法社会学に対して法学の規範科学としての〈純粋性〉を説く。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

純粋法学
じゅんすいほうがく
reine Rechtslehreドイツ語
pure theory of law英語

ハンス・ケルゼンが主唱し、アドルフ・メルクル、アルフレート・フェアドロスなどの学者が継承、発展させた法学上の学派。ウィーン法学派ともいう。法規範を、社会学的事実や政治的要請とは独立した認識の体系としてとらえようとする主張で、そこから次のような主張が導き出された。
(1)「法強制説」(法は強制発動の条件を定める規範として、他の規範から区別される)
(2)「法段階説」
(3)「国際法優位説」(国際法は国内法より上位の法体系である)
(4)「主権否認説」(上位に権威をもたない主権という性質を国家が有しているという理論は誤りである)
(5)「国家法秩序同一性説」(国家とは法秩序を擬人化したもので、実は両者は同一である)
(6)「枠の理論」(法とは多様な解釈を容(い)れるものであり、法の通用、執行、解釈などとよばれる作業は、枠内の一つの可能性を選択する行為である)
(7)「根本規範論」(法規範体系の究極的根拠は仮説定根本規範である)
(8)「法実証主義」(自然法は認識不可能で、自分の主説を絶対化するためのイデオロギーである)、などである。
 ケルゼンの亡命とともにその影響力は拡散されたが、現在でも法哲学、公法、国際法などの学界に追随者をもち、論議の対象となっている。日本でこの傾向に属する学者としては、横田喜三郎、宮沢俊義(としよし)、鵜飼信成(うかいのぶしげ)、碧海(あおみ)純一らがいる。[長尾龍一]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典内の純粋法学の言及

【ケルゼン】より

… ケルゼンの業績は,いちおう法理論的側面と法思想的側面とに大別できる。主要著書としては,前者では《国法学の主要問題》(1911),《純粋法学》(1934,第2版1961),《規範の一般理論》(遺稿,1979)等,後者では《民主主義の本質と価値》(1920),《社会と自然》(1943),《正義とは何か》(1957)等がある。まず法理論的側面に関しては,とくに実定法の一般理論としての純粋法学の創唱が有名である。…

※「純粋法学」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

純粋法学の関連キーワードピルゼン暴君放伐論ラファエル前派連帯主義アルゼンチンタンゴダイナミズムピルゼンビール有機体説タンゴ・アルゼンチーノアルゼンチンワイン

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone

純粋法学の関連情報