ハンス ヘイエルダール(英語表記)Hans Heyerdahl

20世紀西洋人名事典の解説

ハンス ヘイエルダール
Hans Heyerdahl


1857.7.8 - 1913.10.10
ノルウェーの画家。
ダーラナ生まれ。
パリでボナに学び、外光派の影響を受ける。その後フィレンツェに留学し、ベックリーンを識り、北欧神話などに取材した幻想的なモティーフを描く。1890年代は幻想画に専念。ムンクに多大な影響を与えた。作品「死にゆく子」(1882年、フランス政府蔵)がある。

出典 日外アソシエーツ「20世紀西洋人名事典」(1995年刊)20世紀西洋人名事典について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

SNS疲れ

《SNS tired》ソーシャルネットワーキングサービス(SNS)やメッセンジャーアプリなどでのコミュニケーションによる気疲れ。長時間の利用に伴う精神的・身体的疲労のほか、自身の発言に対する反応を過剰...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android