ハンバー橋(読み)ハンバーきょう(英語表記)Humber Bridge

世界大百科事典 第2版の解説

ハンバーきょう【ハンバー橋 Humber Bridge】

イングランド北東部,ハル付近のハンバー川に架かるつり橋。3径間よりなり,中央支間長1410mは世界2位である。この地点にトンネルか橋をという構想はすでに19世紀半ばからあったが,1920年ごろから計画が始められ,59年ハンバー橋建設法が成立,有料道路としてのつり橋を建設することとなった。しかし政治・財政上の事情から工事が着手されたのは72年で,着工後も労働争議,悪天候,基礎工事の難航,架設途中での事故などにより大幅に工期が延び,81年6月ようやく開通に至った。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

今日のキーワード

ゲーム障害

オンラインゲームなどへの過度な依存により日常生活に支障をきたす疾病。インターネットやスマートフォンの普及でオンラインゲームなどに過度に依存する問題が世界各地で指摘されていることを受け、世界保健機関(W...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android