コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ハンフォード核施設 ハンフォードカクシセツ

2件 の用語解説(ハンフォード核施設の意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

ハンフォード‐かくしせつ【ハンフォード核施設】

米国ワシントン州南東部にある軍用原子力施設。1940年代に建設され、1987年まで核兵器用のプルトニウムを製造。その間、大量の放射性廃棄物を放出し、周辺の環境を汚染。土壌の除染や地下水の浄化などが行われている。

出典|小学館
デジタル大辞泉について | 情報 凡例

朝日新聞掲載「キーワード」の解説

ハンフォード核施設

1943年に建設が始まったワシントン州東部にある施設。広さは約1500平方キロメートル。「B原子炉」で作られたプルトニウムが材料となり、長崎に原爆が投下された。原子炉は冷戦末期の87年まで稼働。核燃料からプルトニウムを取り出す過程で生じた泥状の汚染水が多くの地下タンクに保管されている。

(2014-01-31 朝日新聞 夕刊 1総合)

出典|朝日新聞掲載「キーワード」
朝日新聞掲載「キーワード」について | 情報

今日のキーワード

エンゲルの法則

家計の総消費支出に占める飲食費の割合 (エンゲル係数 Engel coefficientと呼ぶ) は,所得水準が高く,したがって総消費支出が大きいほど低下するというもの。エンゲル係数は国民の消費生活面...

続きを読む

コトバンク for iPhone

ハンフォード核施設の関連情報