コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ハーシェル宇宙天文台 はーしぇるうちゅうてんもんだい Herschel Space Observatory

1件 の用語解説(ハーシェル宇宙天文台の意味・用語解説を検索)

知恵蔵2015の解説

ハーシェル宇宙天文台

ESA(欧州宇宙機関)が2008年に打ち上げを予定している、口径3.5mの遠赤外線宇宙望遠鏡。スピッツァー宇宙望遠鏡や日本の「あかり」などの赤外線宇宙望遠鏡の口径は1m以下であり、ハーシェル宇宙天文台はすべての赤外線天文学分野で従来にない感度と精度で研究成果を出すことが期待されている。特に、遠赤外線での高解像観測にその性能を発揮するだろう。

(谷口義明 愛媛大学宇宙進化研究センターセンター長 / 2008年)

出典|(株)朝日新聞出版発行「知恵蔵2015」
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ハーシェル宇宙天文台の関連キーワードESAプランクヨーロッパ宇宙機関アリアンロケット赤外線望遠鏡宇宙政策(欧州の)欧州宇宙機関EROSESRINHEOSerōs

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone