遠赤外線(読み)エンセキガイセン

大辞林 第三版の解説

えんせきがいせん【遠赤外線】

(波長の短い赤外線を近赤外線というのに対し)波長の長い赤外線。普通は波長25マイクロメートルから1ミリメートル。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

精選版 日本国語大辞典の解説

えん‐せきがいせん ヱンセキグヮイセン【遠赤外線】

〘名〙 赤外線のうち波長が長く、二五~一〇〇マイクロメートル程度の光線。水や高分子物質・有機物に吸収されやすく、ヒーター、調理器、サウナなどのほか、除菌、脱臭にも利用されている。

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

世界大百科事典内の遠赤外線の言及

【赤外線】より

…1800年にイギリスのF.W.ハーシェルが,太陽スペクトルの赤色部分より長波長側に熱効果の大きい部分があることを発見したのが最初である。波長数μm以下を近赤外,波長25μm以上を遠赤外,その間を中間赤外と呼び,また,波長25μm,30μmまたは50μmを境として,それ以上を遠赤外線,以下を近赤外線と総称することもある。ただし,これらの境界は明確ではなく,ことに電子回路で発生されるコヒーレンスのよい電磁波は波長が短くてもサブミリ波などと電波用語で呼ばれる。…

※「遠赤外線」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

未必の故意

犯罪事実の発生を積極的には意図しないが、自分の行為からそのような事実が発生するかもしれないと思いながら、あえて実行する場合の心理状態。→故意[補説]作品名別項。→未必の故意...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

遠赤外線の関連情報