ハートショーン(英語表記)Hartshorne, Charles

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ハートショーン
Hartshorne, Charles

[生]1897.6.5. キッタニング
[没]2000.10.10. オースティン
アメリカの宗教哲学者。フライブルクおよびマールブルク大学で E.フッサール,M.ハイデガーのもとで学び,A.N.ホワイトヘッドのもとで助手をつとめたのち,シカゴ,エモリー,テキサス各大学の教授を歴任。ホワイトヘッドの宇宙論を取入れて神の概念を新たに解明しようとした。ホワイトヘッドとともに,プロセス神学に対して大きな影響を与えている。 1958年第9回国際宗教史学会の際に来日。主著"The Divine Relativity" (1948) ,"Reality as Social Process" (53) ,"Creative Synthesis and Philosophic Method" (70) 。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

余震

初めの大きい地震に引き続いて,その震源周辺に起こる規模の小さい地震の総称。大きい地震ほど余震の回数が多く,余震の起こる地域も広い。余震域の長径の長さは,地震断層の長さにほぼ対応している。マグニチュード...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android